SWT Tips and Samples 基礎編 > Eclipseでの設定

 

Eclipseでの設定

Eclipse開発環境でSWTを使うための設定方法を紹介します。「Windowsコンソールでの設定」でも説明したようにswt.jarとDLLについて二つの設定を行います。

1.jarファイルの設定

jarファイルの設定には2種類の方法があります。

クラスパスにswt.jarを通す方法

プロジェクトのプロパティーよりプロパティーウィンドウを開きます。ライブラリータブより「外部JARの追加」をクリックして

<ECLIPSE_HOME>\plugins\org.eclipse.swt.win32_x.x.x\ws\win32\swt.jar

を追加することで設定は完了です。

プロジェクトにswt.jarをインポートする方法

この方法では、swt.jarをプロジェクトディレクトリにコピーし、コピーされたjarファイルをコンパイルやJavaランタイム時に使用することになります。Eclipseプロジェクトのファイルをswt.jarファイルと一緒に配布したいときに便利な方法です。

プロジェクトにlibフォルダを作り、そこに

<ECLIPSE_HOME>\plugins\org.eclipse.swt.win32_x.x.x\ws\win32\swt.jar

をインポートします。インポートしたjarファイルをビルドパスに追加することで設定は完了です。

2.DLLの設定

DLLの設定には、以下のように二種類の方法があります。

VM引数を設定する方法

ランタイム実行時にSWTのDLLをロードできるようにVMの引数を設定します。Eclipseメニューの「実行」->「実行...」より起動したいアプリケーションを選択し、「引き数」タブを開きます。タブの中の「VM引き数」に下のような内容を記述します。

-Djava.library.path=<ECLIPSE_HOME>\plugins\org.eclipse.swt.win32_2.1.2\os\win32\x86

これで「実行」を押せば、SWTのアプリケーションが起動します。実行時にjava.lang.UnsatisfiedLinkError: no swt-win32-2135 in java.library.pathのエラーが発生した場合は、DLLのパスが正しく設定されていないか、swt.jarのバージョンとDLLのバージョンが一致していない可能性があるので確認してみてください。

DLLをEclipse作業ディレクトリにコピーする方法

上記のVM引き数を設定する方法では、起動するアプリケーションごとにVM引き数を記述する必要があり、少し面倒です。作業ディレクトリにDLLを直接コピーすることで、VM引き数を設定せずにDLLのロードが可能となります。

作業ディレクトリとは、Eclipseのプロジェクトごとに作られるディレクトリのことで、.projectや.classpathファイルが作られているディレクトリです。swt-win32-xxxx.dllのようなDLLファイルをそのディレクトリにコピーすることでEclipseからSWTアプリケーションが実行できるようになります。



最新更新日: 2004年9月1日
 
関連リンク
Eclipse API ドキュメント

- PR -

プレゼンテーション作成ソフト無料お試し版配信中

【Sony】大手他社よりも安い!ビジネス向け光・100Mしかも固定IP付!今なら更に初期費用最大15,000円OFF!

オフィス用品・オフィス家具 価 格 交 渉 可! 
◎ 目指せ★業界最安値 ★ ◎ オフィネット・ドットコム株式会社

注文から納品まで驚きの早さ!!【ASKULカタログ】はこちらから・・・

マイクロソフト お得な見積! まとめての購入ならオトクな方法で。ライセンスだから管理も簡単。


Copyright(C) 2003,2004 Jasmin Project. All Right Reserved.
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO