Tips > Eclipse Helpをコマンドラインから起動するには?

 

Eclipse Helpをコマンドラインから起動するには?

Eclipseのヘルプシステムは、Eclipseのヘルプメニューからだけなく、コマンドラインやJavaプログラムから単独で起動することが可能です。ここでは、コマンドラインからの起動方法を説明します。

Eclipseのバージョンにより、実行方法に若干違いがあるので、バージョンごとに説明を行います。

Eclipse2.1.xを使用している場合

ヘルプシステムの起動

Eclipse2.1.xがインストールされている場合、ヘルプシステムを直接起動するには、Windowsのコマンドプロンプトから、以下のコマンドを実行します。

C:\>java -cp c:\eclipse-2.1.3\plugins\org.eclipse.help_2.1.2\help.jar 
org.eclipse.help.standalone.Help -command start -eclipsehome c:\eclipse-2.1.3 -port 1434

コマンドを見れば分かるように、HelpクラスがEclipseのヘルプシステムの本体となります。エクリプスヘルプシステムには、Tomcat Webサーバーが内部に組み込まれており、上記のコマンドにより、サーバが起動されます。起動後ブラウザから http://localhost:1434/help/index.jsp にアクセスするとEclipseのHelpが表示されるのがわかります。

ヘルプシステムの終了

ヘルプサーバーを終了するには、-commandオプションにshutdownを指定します。

C:\>java -cp c:\eclipse-2.1.3\plugins\org.eclipse.help_2.1.2\help.jar 
org.eclipse.help.standalone.Help -command shutdown 
-eclipsehome c:\eclipse-2.1.3 -port 1434

Helpブラウザの起動

また、-commandオプションとして、displayHelpを指定すると、ヘルプ用のブラウザが起動されます。

C:\>java -cp c:\eclipse-2.1.3\plugins\org.eclipse.help_2.1.2\help.jar
org.eclipse.help.standalone.Help -command displayHelp 
-eclipsehome c:\eclipse-2.1.3 -port 1434

Eclipse3.xを使用している場合

起動・終了方法は、Eclipse2.1.xの場合とほぼ同じですが、クラス名が若干異なります。

ヘルプシステムの起動

C:\>java -cp c:\eclipse-3.0\plugins\org.eclipse.help.base_3.0.0\helpbase.jar
org.eclipse.help.standalone.Help -command start 
-eclipsehome c:\eclipse-3.0 -port 1434

ヘルプシステムの終了

C:\>java -cp c:\eclipse-3.0\plugins\org.eclipse.help.base_3.0.0\helpbase.jar 
org.eclipse.help.standalone.Help -command shutdown 
-eclipsehome c:\eclipse-3.0 -port 1434

参考リンク



最新更新日: 2005年6月13日
 
関連リンク
Eclipse API ドキュメント

- PR -

★☆当選☆★・・・すれば?現金100万円当ります!!

★ フルーツメール【毎日懸賞】好評実施中!デジカメや金券が当たる! ★ 毎日懸賞

■原石のままでは、終わりたくない貴方へ!キャリアアップ転職を成功へとナビゲート

秋葉原・なんば・名古屋・札幌に店舗を構えるパソコンショップ!【ツクモ】


Copyright(C) 2003,2004 Jasmin Project. All Right Reserved.
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO